JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

四季の花づくり

本格作業期目前、土づくりを【2015年1月】

 3月には、夏~秋の花壇を飾ってくれる草花の種まき、球根の植え付けが始まります。その1カ月前くらいから、花壇の地ごしらえをします。

 寒中に天地返し、荒起こしをし、消石灰をまいて土の酸性を矯正してある場所は、大きな土の塊を細かく砕き、石や雑草の根を取り除きます。この後、腐葉土など有機物を、1平方m当たりバケツ1杯程度、油かすと骨粉も入れておきます。油かす、骨粉の代わりに緩効性の化成肥料でもよいでしょう。こうしておけば、3月の種まき、植え付け時には、草花がなじみやすいものになっています。

 寒中に荒起こし、天地返しをしていない場所は、スコップなどで深さ30cmほど掘り返して、消石灰を1平方mに100gまいておき、有機物と肥料を入れ、土と混ぜておきましょう。

 2月終わりから3月初めには地温も高まって、宿根草の根はいっそう活発に動きだすとともに芽も動きだします。このころ、元肥を施してやります。今年の活動の力を与えてやるのと同時に、来年の開花のための良い芽を作る体力養成のためでもあります。野菜くずや果物の皮などや緩効性肥料を施します。施す場所は、株際よりも株元から20~30cm離れた所に浅い溝を掘って作ります。肥料や水は新しい根から吸収されるからです。施した後は土で覆っておきましょう。

 宿根草でもサクラソウは、発根が早いので植え付け、植え替えは2月上旬にやりましょう。寒中とはいえ、球根や養成中の草花は根の活動をしていますので、土の表面が乾いたら十分に水やりをします。  12月から寒い場所に置いて管理していた水栽培の球根草花は、立春を過ぎたら室内の暖かい所での管理に移しましょう。

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • ATM・JAネットバンクサービス等の一時休止のご案内
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • みんなのよい食プロジェクト