JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

母の日を前にカーネーションの出荷がピークを迎える

2017/4/28

JAあいち中央管内の碧南市で、カーネーションが出荷最盛期を迎えています。赤色のカーネーションの花言葉が「母への愛」ということから、母の日の贈り物として用いられており、人気が高い。

同JA碧南カーネーション部会では10人が約3.6haのハウスで、スタンダードと呼ばれる一輪咲きと複数の花をつけるスプレー咲きを合わせ、65品種を栽培。9月下旬から6月上旬にかけて、中京市場を中心に、関東・関西地区に約340万本を出荷しています。

今作は、昨年秋の日照不足、今年3月以降の曇天や気温の低い日が続いたため遅れ気味の生育であったが、4月中旬から気温も上がり例年並みの生育状況となっています。品質は良好。現在は日量約4万5000本を出荷しています。

同部会の金原坂男部会長は、同市のハウス約23aで、主力品種の「シュプール」やスプレー品種のチェリーテッシノ、華やかな赤の一輪咲きのエクセリアなどを栽培しています。5、6輪ほどの蕾が緩み始めたのを確認しながら、出荷サイズに合わせて根元からはさみで収穫。枝の曲がりや花の擦れ、葉の枯れなどを見ながら選別し、セロハンをかけて箱詰めします。

金原さんは「母の日と言えば赤いカーネーションだが、ここ最近はピンクやグリーンも人気がある。ニーズを把握して碧南のカーネーションをPRしていきたい」と話しました。

  • 写真一本ずつはさみで収穫する金原部会長

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンクではじめよう!春のわくわくキャンペーン
  • ATM・JAネットバンクサービス等の一時休止のご案内
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • みんなのよい食プロジェクト