JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

地元農産物の加工品を使って交通安全を呼び掛ける

2017/7/14

夏の全国交通安全運動に合わせ、刈谷警察署、刈谷市、刈谷衣浦ライオンズクラブなどは14日、刈谷市築地町の刈谷市総合運動公園前交差点付近で、地元農産物の加工品などを手渡しながら安全運転を呼び掛ける、街頭キャンペーンを行いました。

飲酒運転や交通事故が無くなるようにと願いを込めて「交通事故なくそう!麺」と銘打ち、同JAが地元産小麦を使ったそうめん30袋を提供。関係者らが中央分離帯や歩道に並び、「飲酒運転禁止」などと書かれたサイン板やのぼりを掲げる中、同市に本社のある株式会社デンソーのデンソーグループセーフティーズらがドライバーに手渡し、安全運転を促した。受け取ったドライバーは「ありがとう。安全運転に心掛けます」と笑顔で応えていました。

刈谷警察署の山本裕一交通課長は「7月は飲酒に関する事故が多発する時期なので気をつけてほしい。また、横断歩道付近で歩行者を見かけたら必ず止まっていただきたい。止まってあげる優しい気持ちといったマナーではなく、止まるのがルール。歩行者を保護する運転に心掛けていただきたい」と話していました。

  • 写真ドライバーに啓蒙品を手渡し、
    交通事故防止を呼び掛ける関係者ら

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • ATM・JAネットバンクサービス等の一時休止のご案内
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • みんなのよい食プロジェクト