JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

葉ショウガ出荷最盛期

2017/7/24

JAあいち中央管内の碧南市で、葉ショウガの出荷が最盛期を迎えています。春先の気温が低かったことと、梅雨入り後、雨が少なかったことから、若干、小さめではあるが、品質は良好。露地物の出荷開始は例年に比べて1週間ほど遅くなっています。

JA碧南しょうが・しそ部会では、ハウスと露地合わせて1.1haの面積で8人が葉ショウガを栽培。現在は日量170ケース(1ケース4kg)を出荷し、県内の市場を通じて主に大手量販店で販売。9月上旬まで約36tの出荷を見込んでいます。碧南市は県内一の葉ショウガの産地。

葉ショウガは、新ショウガが育ち始めてから、ある程度の大きさになったときに葉をつけたまま出荷するもので、瑞々しさとピリッとした辛みがあり、爽やかな香りが特徴。甘酢やみそ、しょうゆに漬けたり、甘みそを付けて生のまま食べるのが一般的な食べ方。同部会では、肉巻き葉ショウガなど、若い世代にも食べやすい料理を提案しています。

同部会の山田光春さんは、露地4aで葉ショウガを栽培。早朝から夫婦2人で収穫をしています。収穫作業は根茎が折れないよう、根元から丁寧に手で引き抜きます。収穫後はブラシ付きの機械で水洗いして自然乾燥後、束ねて袋詰めし出荷します。山田さんは「葉や茎の伸びがやや遅れているが、適度な辛味もあり、やわらかくて美味しい葉ショウガができた。今の時期しか味わえない葉ショウガをたくさんの方に食べてほしい」と笑顔で話しました。

  • 写真根元から丁寧に葉ショウガを
    引き抜く山田さん

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • ATM・JAネットバンクサービス等の一時休止のご案内
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • みんなのよい食プロジェクト