JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

シルバーサポーター研修会

2017/8/9

JAあいち中央健康部福祉健康相談センターは9日、安城市和泉町の同JAデイサービス安城南でシルバーサポーター研修会を開きました。活動にあたっての基本的な心得を改めて学ぶことに合わせ、一年間の活動で貯まったスタンプと「ふれあい商品券」を交換しました。

研修会では、同JAデイサービス碧南の伊藤まき子所長から、相手を理解し、尊重する態度で接すること、秘密や約束を守ること、活動前に自分の健康状態を確認することなど事例を挙げながら説明しました。また、一年間のボランティア活動で感じたことや疑問に思ったことなど意見交換を行い、参加者からは多くの意見があがりました。

週1回、デイサービス碧南で活動をしている女性は「色々な人と話ができるのでとても楽しい。ちょっと怖そうな人でも何かのきっかけで笑顔を見たときや、利用者の方から「待ってたよ」と言ってもらえると嬉しい。無理のない範囲で続けていきたい」と笑顔で話していました。

同JA健康部の杉浦富士宏副部長は「今はボランティアという立場でサポートいただいているが、今後はボランティアという枠組みを取り払い、介護が必要な方もそうでない方も自由に集まれる、地域のくらしの拠点ようなデイサービスを目指したい。介護とかボランティアでなく、みんなが自由に出入りできる空間になれば」と話していました。

同JAでは、シルバーサポーター制度を始めて2年が経過。シルバーサポーターは、会社を定年退職した人など、時間に余裕のある人を対象に、元気な高齢者が地域で活躍でき、やりがいや生きがいを見つけるための支援を目的としています。現在、3カ所のデイサービスで10人が活躍しています。活動内容は、利用者の話し相手やレクレーションの補助などが中心。活動後1時間で1個のスタンプが押印され、毎年8月1日から7月31日までを登録期間とし、貯まったスタンプに応じて「ふれあい商品券」と交換しています。

  • 写真伊藤所長と意見交換する
    シルバーサポーター
  • 写真伊藤所長の話に耳を傾ける
    シルバーサポーター

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • ATM・JAネットバンクサービス等の一時休止のご案内
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • みんなのよい食プロジェクト