JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

農事組合法人「よさみ」が節分の豆まき用に大豆を寄贈

2018/2/2

刈谷市南部地区を中心に米・麦・大豆を栽培する農事組合法人「よさみ」は1月下旬、園児の節分行事の豆まきに使ってほしいと、JAあいち中央刈谷営農センターを通じて大豆300キログラムを刈谷市に寄贈しました。地元で大豆が栽培されていることを子どもたちに伝えるために何かできないかと同センターに相談されたことがきっかけで、初めての取り組みです。寄贈された大豆は市内にある24の公立保育園、幼稚園に配布され、各園での豆まき会に使われました。

2日には、同法人の長澤菊德代表ら6人が、刈谷市野田町の刈谷市立朝日幼稚園で開かれた豆まき会に訪れました。贈呈式では、長澤さんらがバケツに入った大豆を園児の代表に手渡しました。受け取った園児は、折り紙などで作った手作りの升に大豆を入れ、鬼のお面をかぶった長澤さんら「よさみ」のメンバーらに向かって「鬼は外、福は内」と投げていました。

長澤さんは「子どもたちと触れ合えてとても楽しかった。自分たちの住んでいる周りでお米や大豆が取れていることを知ってもらえるきっかけになればうれしい」と話しました。

  • 写真バケツに入った大豆を園児に手渡す
    長澤さん(左)ら
  • 写真鬼のお面を付けて子どもたちと豆まき会を楽しむ「よさみ」のメンバーら

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト