JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

摘果やジベレリン処理、病害虫防除など栽培管理を確認

2018/5/2

JAあいち中央梨生産部会は4月27日、安城市内4ヶ所で梨の栽培指導会を開きました。部会員や県、市、関係業者ら約90人が参加。摘果や熟期促進剤(ジベレリンペースト)、病害虫防除に関する情報について確認しました。

指導会では、愛知県西三河農林水産事務所農業改良普及課の生田暁子技師が今後の天候予想と併せ、栽培管理のポイントを説明。「摘果は実施時期が早いほど後の果実肥大が良好になる。1果そうに1果にし、3~4番果で果梗が太く形が良い大果を残してほしい」と話し、病害虫について「例年より暖かく、ナシの生育も早いが虫の出も早い。カメムシの越冬量が多いとの予測なので、園内を小まめに観てほしい」と呼び掛けました。また、5月1日には、女性の生産技術向上を目的とした「レディース安梨セミナー」が、2日には、栽培経験の浅い生産者の技術習得を目的とした「梨栽培初心者セミナー」が同様の内容で開かれました。

同部会は102人の部会員が約38ヘクタールで「愛甘水」「甘ひびき」「幸水」「豊水」「あきづき」「新高」を栽培。出荷は7月中旬から始まり、品種を替えながら10月上旬まで続きます。

  • 写真生田技師(右)から摘果の説明を
    受ける部会員

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト