JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

ハウスイチジクの出荷が最盛期を迎える

2018/5/16

全国有数のイチジク産地である安城市や碧南市で、ハウスイチジクの出荷が最盛期を迎えています。今年は冬場の低温の影響で例年に比べて若干遅れ気味だが、品質は良好です。

JAあいち中央いちじく部会では、194人の部会員のうち、24人がハウス約3.7ヘクタールで栽培。7月下旬まで約20万パック(1パック360グラム)の出荷を見込んでいます。現在は、日量約2000~2500パックを、関東を中心に名古屋や岐阜、北陸の市場へ出荷しています。

同JA園芸課の成田孝則さんは「今年は着果も良く、収量・品質ともに順調に来ている。昨年より2割ほど出荷量が増えるのではないか」と話しました。

  • 写真出荷されたハウスイチジクを
    確認する検査員

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト