JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

「友情米」作りへ田植え 碧南市立棚尾小学校

2018/5/18

碧南市立棚尾小学校5年生98人は18日、碧南市が所有する農業体験ほ場「平和ふれあい体験農園」で田植えをしました。東日本大震災の被災地支援のため2011年度から、収穫した米の一部を「友情米」として、交流のある岩手県釜石市の釜石小学校へ発送しています。

米作り体験は、同市が進める食育推進計画の一環で、今年で10年目。東日本大震災の発生後、復興支援として何かできないかと考え、11年度の秋に取れた米から「友情米」として送り始めました。

収穫後はJAあいち中央営農部会碧南支部の部会員が精米して棚尾小に届け、そのうちの半分のお米と同小の6年生と1年生が育てたサツマイモと一緒に釜石小に送っています。

この日の田植えは、同JA営農部会碧南支部の部会員やJA職員、市経済環境部農業水産課の職員ら8人が指導。市内小学校の学校給食にも使われる愛知県奨励品種「あいちのかおり」の苗を使いました。

JA碧南北部営農センターの後藤一成所長から説明を受けた後、児童は靴下をはいたまま水田へ入り、後ろに下がりながら張られたロープに沿って順々に植えていきました。

「友情米」の稲刈りは10月中旬の予定。

  • 写真「友情米」作りへ「あいちのかおり」の苗を植える児童

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト