JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

いちじく部会が安城市長を表敬訪問

2018/6/25

JAあいち中央いちじく部会の役員ら7人は25日、安城市桜町の安城市役所を訪れ、神谷学市長を表敬訪問しました。同部会の水野富行部会長がハウスイチジクと加工品を手渡し、今年の作柄状況を報告した他、剪定枝の処理によるコストの引き下げや、アザミウマなどの病害虫防除の新技術に対する助成を要望しました。

水野部会長らは、ハウスイチジク4ケース(1ケース4パック/1パック350g)と同JAの加工品であるイチジクフィナンシェを贈呈。水野部会長は「今年は気温の高い日が続き、露地イチジクの生育は例年より1週間以上早い。このまま順調に育てばお盆前にピークを迎える予定で、よりPRする機会が増えると思う」と話しました。

イチジクを受け取った神谷市長は、「この地域のイチジクは高く評価されている。農家のみなさんのためにも、高値で取り引きされることを願っている」と話していました。

同部会は、安城市と碧南市を中心に196人の部会員が34.16ヘクタールでイチジクを栽培。現在は日量約2000パックのハウスイチジクを、関東を中心に中京、北陸の市場へ出荷しています。収穫は8月中旬まで続き、約25万パックの出荷を見込んでいます。その後は、露地イチジクに切り替わり、11月上旬まで出荷する予定です。

  • 写真ハウスイチジクを神谷市長(右)に
    手渡す水野部会長(中)

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト