JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

地元野菜を使って親子で料理体験

2018/7/25

JAあいち中央安城西部ブロック(安城西支店・三河安城支店・二本木支店・高棚支店)は25日、安城市福釜町の安城西支店で地元の農産物を使用した料理を作る、「夏休み親子体験」を開きました。7組20人の家族が参加しました。

同支店に隣接するファーマーズマーケットでんまぁと安城西部の食育ソムリエを講師に迎え、料理に使う材料はすべて同産直店舗で揃えました。これまでも親子体験型のイベントを実施してきたが、産直店舗や食育ソムリエと一緒に行うのは初めての試みです。

お米をたくさん食べよう!をモットーに今回作ったのは「夏野菜カレー」と「わらびもち」の2品。内容はいずれも「家の光」の記事を活用しました。「わらびもち」作りでは、女性組織「イキイキレディース」の支店代表役員が指導に当たりました。粘りが強いため、子どもたちと交代を繰り返しながら、半透明になるまで混ぜて完成させました。「夏野菜カレー」作りでは、食育ソムリエから包丁の使い方や調理の仕方を教わり、子どもたちはナスやオクラなどたくさん用意された夏野菜を切っていきました。煮込みに使う野菜とトッピング用の野菜に分けて焼いていき、同JA特産加工品のイチジクを使用したカレールーを入れました。煮込み時間には即席防災グッズの新聞紙スリッパ」を作りました。

参加した子どもたちは「どれも楽しかった。また家で作りたい」と笑顔を見せました。

同ブロックのくらしの相談員の伴野正江さんは「食育ソムリエを講師として呼び、包丁を使った本格的な料理を作るのは、今回が初めての試みだった。好評であったので、これからもでんまぁと安城西部とコラボしたイベントを企画していきたい」と話していました。

  • 写真野菜の皮をむく子どもたち

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト