JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

梨の主力品種「幸水」の出荷始まる

2018/7/26

JAあいち中央梨生産部会は26日、梨の主力品種「幸水」の目ぞろえ会を、安城市の同JA総合センターと新安城支店の2カ所で開きました。部会員や県、JAあいち経済連、市場担当者ら約100人が参加しました。出荷体制や市場情勢などの説明を聞いた後、サンプルを並べて、形状、着色、傷などの出荷基準を確認しました。今年は好天に恵まれ、生育が進んでいるため、昨年の3~5日早い出荷になります。糖度が高く、上々の仕上がりです。

同部会では、102人の生産者が約38ヘクタールで6種類の梨を栽培し、「安城梨」というブランドとして中京市場を中心に出荷しています。出荷は7月29日から始まり、8月6日から10日ごろをピークに8月20日ごろまでを予定しています。主力品種の「幸水」は全体の約55%を占めます。 目ぞろえ会では、県西三河農林水産事務所農業改良普及課の生田暁子技師が「シンクイムシの被害が7月下旬頃に増えやすいので、しっかりと防除をしていただきたい。また、カメムシにも引き続き注意してほしい」と呼び掛けました。

JAあいち経済連西部販売課の加藤尚主任は「今年は皮が青みのある状態でも、中身は熟しているものが多い。従来の感覚ではなく、少し早めに切るよう心がけてほしい」と話していました。

  • 写真市場担当者(左)の説明を聞き、
    出荷規格の確認をする部会員

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト