JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

農業関連融資研修会を開く

2018/7/26

JAあいち中央審査管理課は26日、安城市赤松町の同JA総合センター内生活館で、農業関連融資研修会を開きました。融資担当者及び経済担当者46人が参加。講師には同JA管内の農家である株式会社にいみ農園の新美康弘さんを迎えました。生産現場からの声を聞くことで、農家の視点に立ち、業務に活かしていくことが狙いで、農家を講師に招くことは初めての試みです。

同研修会は、融資担当者と経済担当者を対象に、農業者に対する資金の制度などの知識向上を目的に毎年2回開いています。

「地域に必要とされる事業所をめざして」をテーマに、新美さんが同社の経営状況や取り組みなどを報告。新美さんは2018年春には黄綬褒章を授章するなど、これまで様々な賞の受賞経歴があります。

元々、トマトやミニトマトを栽培していたが市場の変化により、相場が低迷。経営を維持するため、販売先を開拓し、販売部門を法人化。その後、トマト以外の野菜事業も本格的に開始しました。従業員との話し合いを重ね、作業や雇用に関する要望を取り入れながら、改良してきました。また、顧客へも丁寧に対応し、地域の小学生にミニトマトの栽培方法を伝えたり、中学生の職場体験を引き受けたりするなど、人とのつながりを大切にしています。

新美さんは「地元に供給することが使命だと思っている。技術を磨きながら蓄積し、商品力を強化することと、地域の雇用を守り、お客さんを開拓することが大切であり、今後の課題でもある」と語りました。

同課で農業融資審査担当の奥谷和夫さんは「これまでの研修会は、制度資金など説明的な研修だったが、今回初めて農家を呼んで実施した。生産現場からの声を聞くことで、より農家に寄り添った提案ができるようになると思う」と話しました。

  • 写真講演をする新美さん

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト