JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

技術向上へ5研究会
JAあいち中央営農部会

2018/9/7

JAあいち中央営農部会は、農地と農業機械の効率利用をすすめ、部会員の所得向上を図ることを目的に平成13年に設立されました。現在148人の部会員が、市・集落単位で地域農業の担い手として約3500ヘクタールで米・麦・大豆の栽培をしています。

同部会には5つの研究会があり、各研究会で毎年テーマを定め、米の消費拡大に向けたPRや、栽培技術の向上に向けた取り組みを実施しています。

「地産地消研究会」では品種ごとに栽培グループを設け、新品種、有望品種の研究ともに、地産地消の拡大に向けてPR活動を実施しています。「収量品質向上研究会」では肥料農薬の試験や、栽培暦の検討など収量品質向上に努め、「省力低コスト研究会」「IT農業研究会」では、農薬散布やリモートセンシング技術などそれぞれドローンを用いた新技術の利用調査を行っています。「多収栽培研究会」では多収品種「あきだわら」の増収技術試験に取り組み、収穫前には圃場巡回を実施し、生産者同士で各々の生育状況を確認し合っています。研究会活動は、若手農業者の学習の場となり、部会員相互の連帯意識の醸成にも役立っています。

また、同部会では「環境と調和のとれた農作業活動規範」を定めて生産活動を行うとともに、消費者や実需者との交流イベントを開催し、地域住民や消費者等に向けた農業の理解促進に努めています。

  • 写真圃場巡回をする部会員

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト