JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

児童が収穫の喜びを味わう

2018/11/6

東尾、西尾、河野町、上条の各農用地利用改善組合は6日、安城市安城町のJAあいち中央安祥支店で「安城南部小農業体験学習収穫祭」を開きました。安城市立安城南部小学校5年生児童100人が参加しました。同校では3年前から5年生児童が地元農家やJAの協力を得て、田植えや稲刈りなどの農業体験を行っており、自分たちで育てたお米を食べることで、食のありがたみを感じてもらうことが目的。収穫祭は今年で4年目。

収穫祭では、東尾農用地利用改善組合員の杉本哲哉さんが、お米を収穫してから白米になるまでにはたくさんの作業工程があることなど、スライドを使って紹介。その後、同支店の西尾お花クラブのメンバーから、ラップで包んだ炊き立ての新米を受け取り、一人一個のおにぎりを握って食べました。用意した約8升のお米は30分ほどで無くなりました。最後に農業体験で収穫したお米が児童らに手渡されました。

東尾農用地利用改善組合長で同支店運営委員長の山口実さんは「自分たちで作ったお米を食べて、家に帰ってお家の人においしかったと自慢してください。お米を作るまでに携わった人たちに感謝の気持ちを忘れずに食べてほしい」と話しました。

収穫したお米の一部は、17日に同支店で開かれる支店まつりで販売(5kg/20個限定)されます。

  • 写真おにぎり作りをする児童ら

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト