JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

トウモロコシ播種作業が順調に進む

2019/3/1

JAあいち中央管内の碧南市で2月中旬からトンネル栽培によるトウモロコシの播種作業が進んでいます。同市では、人気の高まりとともに、生産者と栽培面積が年々増えています。品種は「味来」と「ドルチェ」。糖度が高く、生で食べられるほど皮が柔らかい「味来」が約9割を占めます。トンネル栽培の播種作業は3月中旬まで続き、その後、露地栽培の播種作業が4月末まで続きます。出荷は6月上旬から始まり、6月下旬をピークに7月中旬まで。市場やJAあいち経済連を通じて、県内のスーパーや生協などに出荷します。

市内の1ヘクタールで「味来」を栽培する小澤利英さんは、肥料を施し整地した畑に、140センチ幅でスジを切り、1畝に2列、機械を押しながら種をまきました。湿り気を保ち発芽を促進させるため、畝ごとにビニールを張り、パイプを挿してトンネルを作っていきました。

小澤さんは「これから暖かくなってくる。温度と水分の管理をしっかりおこない、大きくて甘みの強いトウモロコシを栽培していきたい」と話しました。

  • 写真機械でトウモロコシの種をまく
    小澤さん

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 確定申告特集