JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

産直就農塾閉塾式と開塾式を開く

2019/3/19

JAあいち中央産直振興部は19日、安城市福釜町のJA安城西支店で産直就農塾の2018年度(第4期生)閉塾式と、2019年度(第5期生)開塾式を開きました。

閉塾式には、塾生やJA役職員、県西三河農林水産事務所農業改良普及課職員など約60人が出席。JAの石川克則組合長が修了証を塾生に手渡しました。

第4期生の岩間一浩さんは「半田塾長やJAのみなさんには大変お世話になった。一年通して非常に濃密な充実した教えをいただいた。今後は産直会員として頑張っていきたい」と話しました。

開塾式では、26人の入塾生を代表して、太田功さんが「産直を利用される方々に喜んで買ってもらえるおいしい野菜作りを目指し、熱意を持って取り組みます」と力強く誓いの言葉を述べました。 石川組合長は「しっかり技術を学んでいただき、一緒に勉強した仲間との仲間作りでも大きなものを得たのではないか。この一年間の苦労がこれから大きく花開くと思う。引き続き、部会員として活躍することを期待する。入塾生の方々は塾長を中心に一年間しっかり学んでいただきたい」と激励しました。

塾は15年度に開講。塾生は販売農家を目指し、1年間、実習を中心に栽培技術や農薬の知識、農業機械の取り扱い方などを学びます。卒業後は、専任職員が栽培相談などに応じます。これまでに53人が卒業し、41人が産直部会員として登録しています。

  • 写真誓いの言葉を述べる太田さん
  • 写真石川組合長から修了証を受け取る
    岩間さん

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト