JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

イチジク本番大忙し 色や果形確認

2020/7/28

県内一のイチジク産地、JAあいち中央管内で、露地イチジクの収穫が7月23日から始まりました。JAあいち中央いちじく部会は7月28日、安城市と碧南市の2会場で目ぞろえ会を開きました。コロナウイルス感染拡大防止のため、安城会場では3回、碧南会場では2回に分けて行いました。3~4月の暖かさから実の付きも良く収穫も早まると思われたが、7月の曇天、長雨、日照不足により例年並みの生育となりました。病気の発生も少なく、例年通りの実が大きく品質の高いイチジクが期待されています。

目ぞろえ会には部会員やJAあいち経済連、市場担当者ら2会場合わせて約151人が参加。サンプルを見ながら色や傷、果形など出荷規格を確認したほか、市場情勢や出荷の日程、注意点などの説明を受けました。

セントライ青果の伊藤昭夫さんは「これから夏果実が本番を迎える。イチジクは色々な競合品目があるが、一番消費される時期になる。適熟がキーワード。最後までしっかりと出荷いただきたい」と話しました。JAあいち経済連園芸部西部販売課の小久保智課長は「イチジクはお客様の期待も高く、様々な要望もある。今後、コロナ対策を念頭に置いた中での商品作りが大事になり、色々な提案を行う場面もある。素早い対応、変化に機敏に対応して、見た目も味も良いイチジクをたくさん出荷いただきたい」と話しました。部会の淺井丈夫部会長は「露地イチジクの出荷が始まった。ベテランの生産者ばかりだが、再認識ということでしっかり目をそろえておいしいイチジクを出荷してほしい」と話しました。

部会は、安城、碧南、刈谷、高浜の4市で180軒が、約27ヘクタールで露地イチジクを栽培しています。8月下旬に本格出荷を迎え、11月上旬まで、京浜・中京・北陸地区の市場に360万パック(1パック360グラム)の出荷を見込んでいます。

  • 写真市場関係者の話を聞き、出荷規格を
    確認する生産者

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • 冬の貯金キャンペーン
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト