JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

「手作りマスクコンテスト」好評!

2020/9/16

JAあいち中央安城南支店が実施している「手作りマスクコンテスト」が好評です。作品は、職員の声かけや支店利用者の口コミでも広がり、当初の予想を大きく上回る数の作品が寄せられました。店頭で展示している作品には、工夫を凝らしたものやユニークなデザインのマスクもあり、「おもしろいマスクがあるね」と来店者の目を楽しませています。

同支店では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で活動自粛が続く中、講習会等の再開を望む声が多く寄せられ、人を集めずにより多くの人が楽しめることができないかと模索していました。作る人はもちろん、見る人も楽しんでほしいとマスクコンテストを企画。同支店利用者を対象に7月中旬から8月28日までの間に作品を募集し、手作りマスク41点、マスクケース2点、バルーンアート1点の応募がありました。作品は、マスクを外さずに飲物が飲めるファスナー付きや保冷剤を入れられるもの、バルーンで作ったマスクを付けたカエルなど、アイデアあふれるマスクが集まりました。マスクは、応募者のコメントを添え、付けた時のイメージが湧くよう、厚紙を利用して立体的に展示しています。

募集に当たり、手作りマスクをしている来店者へ職員が積極的に声をかけました。「応募はちょっと…」とためらっていた人も、職員の後押しに「こんなのでよければ」と恥ずかしそうに作品を持ち込みました。渉外担当の職員も訪問先で手作りマスクをしている人がいるとコンテストを話題にするなど、コミュニケーションツールとしても一役買っていました。

審査は、同支店職員らによる投票により決定。最高位の組合長賞には安城市和泉町の木村久美子さんが選ばれたほか、支店長賞1名、次長賞2名が選ばれました。受賞作品は、カッターシャツに花の刺繍を施したり、着物の柄である富士山や松林の浮世絵を大胆に見せたりするなど、家にあるものを上手に活用していました。

受賞した木村さんは「このような賞をいただき大変うれしいく思います。洋裁は苦手でしたが、今は友人にプレゼントするために、どんなマスクにしようか楽しみながら作っています」と話しました。 作品の展示は10月30日までを予定しています。

  • 写真展示されている手作りマスクを見る
    来店者(右)

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト