JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

1団体と2人を表彰 安城市農業賞

2020/12/18

安城市は12月18日、安城市桜町のへきしんギャラクシープラザで第35回安城市農業賞表彰式を開きました。地域づくり活動部門など3部門で1団体と個人2人が受賞しました。同市では、同市農業の一層の振興を資するため、地域農業の発展に努力している人(団体)や農業経営が他の模範となる人(団体)、農業後継者で今後活躍が期待される人(団体)などを毎年表彰しています。

地域づくり活動部門では、川島町と村高町で農地や農業用水路等の保全活動を行っている「藤野環境保全会」が受賞しました。同会は水路などの泥上げや草刈りを積極的に行い、排水機能の回復や施設の老朽化対策を実施し、地域農業を支える役割を担っています。2014年には愛知県農地水多面的機能推進協議会でも基礎活動を表彰されており、現在も地域住民と協力し保全活動を進め、毎年延べ1000人規模の保全活動を行っています。

営農部門では、定年帰農者として露地イチジクを始め、16年から地元小学校の3年生に食農教育を行っているほか、JAあいち中央の組織であるいちじく部会において会長職を含む役員を歴任し、家族経営の取り組みとして6次産業化や後継者育成に尽力して、地域農業の発展に寄与した同市高棚町の水野富行さん、農業青年奨励部門では、同市赤松町で米・麦・大豆及びハウス小松菜を栽培する鶴田晃康さんが表彰を受けました。

水野さんは「現代の農業は生産だけでは経営が難しい。生産、加工、販売といった私たち家族の取り組みが、これからの農業の1つの形として、若い方や女性が農業に興味を持ってくれるきっかけになればうれしい。そんな未来を夢見て、これからも家族で頑張っていきたい」と抱負を語りました。

  • 写真受賞者(前列左2人目から5人目まで)と安城市農業振興協議会委員

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • 冬の貯金キャンペーン
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト