JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

子どもの学びの場 榎前環境保全会

2020/12/18

東海農政局は、2020年度東海農政局「ディスカバー農山漁村の宝」コミュニティ部門の優良事例に安城市榎前町の榎前環境保全会を選定しました。12月18日には、同町の榎前町公民館ホールで選定証授与式が行われ、東海農政局あいち支局の滝沢秀樹地方参事官から同保全会代表の加藤辰雄さんに選定証が手渡されました。

06年に水田魚道を設置以降、夏季に定期的に行う水田魚道観察会や年1回JAあいち中央や生協と共同で開く「生きもの観察会」、減農薬米「どじょうのはぐくみ米」の栽培など、地域の子どもが農業や環境の大切さを学べる場づくりに取り組んできました。子どもが参加することにより、若い親世代も地域の行事に積極的に参加するようになり、地域住民一体となって交流を深め、地域活性化を図っていることなどが評価されました。「どじょうはぐくみ米」はブランド化し、防災用備蓄や米粉入りパンなどに使用するほか、JAファーマーズマーケットでんまぁと安城西部や生協で販売しています。

同保全会は、07年に農地・水・環境保全向上対策(現・多面的機能支払交付金)の活動組織として設立。同町農用地利用改善組合や同町内会、子供会など17人の役員を中心に約750人で構成されています。

滝沢支局長は「地域全体がまとまって活動していることが選定のポイント。地域を守っていくためにも次世代と共に取り組んでほしい」とあいさつしました。

加藤代表は「選定されたことで今まで以上に積極的に取り組まないといけないと気が引き締まる。こういった活動ができる組織があって人がいることが榎前町の『宝』だと思う。今後は増えている外来種の駆除に力を入れたい。これからも地域のみなさんと協力して活動していきたい」と意気込みました。

今後、コロナ禍により延期となった農林水産省と総理大臣官邸で全国選定の選定証授与式と交流会が予定されています。

  • 写真選定証の授与を受ける加藤代表(右)

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • 冬の貯金キャンペーン
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト