JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

高齢者福祉事業 取り組みを報告

2021/3/3

JAあいち中央福祉部福祉健康相談センターは3月3日、安城市赤松町のJA総合センター内生活館で、2020年度高齢者福祉事業活動報告会を開きました。常勤役員や福祉職員など24人が出席しました。今年で8年目の取り組み。

報告会では「在宅介護での専門性を高める」を共通テーマに、各委員会から7事例、各事業所から7つの取り組みが報告されました。同部では職務遂行能力評価プロジェクトやOJT委員会、看護師委員会など8つの委員会を設置。各事業所から委員を選出し活動しています。

JAの石川克則組合長は「今年はコロナウイルスの感染ということもあり、例年以上に神経を使い業務にあたっていただいた。高齢社会の中において、くらしの部分で何を還元できるか。JAとして高齢者をしっかり支え、応援していく。組織の運動の理念においても、事業の経営面においても高齢者福祉事業は不可欠と認識している」と話しました。

JAでは、居宅介護支援事業を3カ所、通所介護事業を5カ所、訪問介護事業と訪問看護事業を各1カ所で展開。各事業所は、介護福祉士や看護師、理学療法士ら専門職員を配置し、多職種が協働して利用者の自立支援を行っています。

21年4月には、刈谷市小垣江町に訪問看護ステーション刈谷を新規事業所として立ち上げ、刈谷地区における訪問看護サービスの拡充とデイサービスやケアプランセンターとの連携を強化した介護と医療の一体的なサービス提供を行っていきます。

  • 写真取り組み内容を報告する職員

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト