JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

露地イチジク 春の管理学ぶ

2021/3/12

JAあいち中央いちじく部会は3月12日、安城市と碧南市で露地イチジクの春期栽培講習会と接ぎ木講習会およびこよみ説明会を併せて開きました。2会場で部会員ら計103人が参加。露地イチジクの栽培管理が本格的に始まるのを前に、晩霜への対策や発芽期のかん水、病害虫防除など3月から4月の栽培管理方法を学びました。

県西三河農林水産事務所農業改良普及課の中村遼太朗技師は「例年よりも温かく晩霜害が心配されるので、予防資材を使うなどの対策をして欲しい。昨年は5月以降に乾燥が続いたので、かん水できる準備も併せて進めてもらいたい」と呼び掛けました。

接ぎ木講習会では、他品種の栽培特性を生かす「接ぎ木」の技術が紹介されました。「違う品種を組み合わせることで、より多収で管理しやすいイチジクの樹にしていける。主枝ではなく結果枝に接ぐことで、定着しなかった場合のリスクも軽減できるので、試験的に導入していってほしい」と話しました。

部会では、安城市・碧南市・刈谷市・高浜市で162人がハウスと露地併せて28ヘクタールで栽培しています。ハウスイチジクは3月下旬、露地イチジクは8月上旬から出荷が始まる予定。中京・京浜・北陸地区の各市場へ約410トンの出荷を見込んでいます。

  • 写真接ぎ木の仕方について説明する
    中村技師(左端)

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト