JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

地元産品の販売サイト 農業体験セットで

2021/7/16

JAあいち中央は、農産物ネット販売サイト「碧海そだち~オンラインショップ~」で農業体験セットを商品として販売しています。農産物のネット販売サイトは多数存在するなか、差別化を図るため生産者とJAのきずなを強みに、農業体験と農産物をセットにした商品を協力して作りました。

JAでは6月から、好きを育む「碧海そだち」プロジェクトをスタートしました。「碧海そだち」は、JA管内(碧南市・刈谷市・安城市・高浜市・知立市の碧海地域)で栽培・収穫され、JAを通じて販売される農産物の総称。碧海地域の「農産物」や「農業」をもっと「好き」になってもらうための取り組みを積極的に行っています。

農業体験セットの販売は「碧海そだち」の「育てる好き」「学ぶ好き」を育てたいという想いから、消費者が農業や農産物に触れ合うことで「碧海そだち」をより好きになってもらうことが目的です。

7月3日には、安城市東端町の圃場で7月25日に行う農業体験セット「小学生の夏休み親子体験学習『チンゲンサイをまなぼう!』」の段取りや動線を確認するためのプレイベントを行いました。JA職員家族と安城市役所職員家族ら10組35人が参加し、チンゲン菜生産部会の大橋正樹部会長の圃場でチンゲンサイの播種から収穫までを体験しました。大橋部会長は「知ってもらうことが『好き』になるきっかけになると思う。収穫体験や見学などができる機会をたくさん増やし、多くの人に地元農産物をPRしたい」と話しました。

同セットは、7月15日まで限定15組(2人1組)3,000円で販売。当日は、チンゲンサイの栽培・収穫・出荷までの体験・勉強と、生産者オススメのチンゲンサイ料理の試食やチンゲンサイ栽培キットの提供が行われます。チンゲンサイは約1ヶ月で収穫可能。夏休みの開始にあわせて行うことで、持ち帰った栽培キットを自宅で育て小学生の自由研究にも使えるとPRしました。

同室の岩間啓史さんは「農業や農産物を好きになってもらうため、楽しみながら体験・見学などができるよう内容を充実させている。プレイベントで十分手ごたえを感じた。課題もみえたので、感染症対策も含めて、お客様が安心して楽しんでいただけるイベントにしたい」と話しました。

  • 写真 体験をする参加者

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト