JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

担当者育成に注力 生産資材相談対応を強化
全営農センターで選任し研修会

2021/9/22

JAあいち中央営農部営農資材課は、組合員からの農業用施設の相談対応強化のため、生産資材担当者の育成に力を入れています。2021年度には、初めてJAの全営農センターに同担当者を選任。生産資材担当者研修会を年5回計画し、専門知識の習得を図っています。

営農センターは各地区に設置されており、農産物の栽培方法や肥料、農薬、農業用施設等栽培に関する様々な相談を受けています。ハウスなど大型設備については専門要素の高さから受けた相談に対して、本課である同課につなぐことが多くありました。相談窓口である同センターで、組合員の要望に応えられるよう専門知識を身につけ、相談対応を強化していきます。

9月22日には、安城市福釜町のJA産直就農塾圃場で今年度3回目となる研修会を開き、農業用施設のひとつパイプハウスの仕組みについて実地研修が行われました。メーカーから各部品の名称や役割、基本的な構造のほか、組合員からの相談を受けた際の、要望や目的など聞き取りポイントが紹介されました。メーカーとの商談の際に具体的に話せるうえ、メーカーからそれに沿った提案を受けられる可能性があると説明されました。

同課の稲垣豊久課長は「相談窓口である営農センターで初期対応できれば、農家との信頼関係向上につながる。ハウスは定期的に更新や修繕が必要なもの。組合員からの専門要素が高い相談にもしっかり対応できるようにしていきたい」と話しました。 今後、年内に農業用施設の丸型ハウスの仕組みを、年明けに屋根型ハウスの仕組みについて研修を行う予定です。

  • 写真メモを取りながらメーカーの説明を
    真剣に聞く参加者

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト