JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

イチゴ定植着々と 「紅ほっぺ」おおむね良好

2021/9/26

いちご部会

JAあいち中央管内の安城市で、イチゴの定植適期を迎えました。今年は9月の夜温が低かったことから、苗の花芽分化に適した環境にあり、例年並みの定植時期となりました。

JAいちご部会は14人が約2.3ヘクタールで「紅ほっぺ」と「ゆめのか」を栽培しており、年間約90トンを出荷しています。

同部会の富田隆義部会長は36アールで「紅ほっぺ」を栽培。9月26日、安城市藤井町のイチゴハウスで肥料を施した畝に26センチ間隔で苗を植えました。

富田部会長は「今年は長雨や日照不足でやや徒長ぎみの苗となったが、おおむね良好。良いイチゴが消費者に届けられるように頑張って栽培していく。新型コロナウイルス感染症の影響もあり販売についても心配がされるが、消費者にイチゴを身近に感じてもらえるようなPRもしていきたい」と話しました。

JA営農部園芸課の岩間正富さんは「今年は栽培が難しい中で、部会員の尽力があり定植苗本数を確保できた。販売についても部会員の協力をいただきながら、しっかり努めていきたい」と話しました。
同部会のイチゴは、11月下旬より出荷予定です。

  • 写真イチゴの苗を丁寧に定植する
    富田部会長

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト