JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

子どもらにおいしい食を 米とパックご飯寄贈

2021/10/29

営農部会

JAあいち中央営農部会は、愛知県内の子ども食堂間の連携を担う「あいち子ども食堂ネットワーク」に、JA管内産のお米「ミルキークイーン」3トンとJAオリジナルブレンド米「マイマイ米」のパックご飯(180グラム)を504個寄贈しました。

10月29日には、安城市赤松町のJA総合センター内精米工場前で寄贈式が開かれ、同部会の大嶋和則部会長から同ネットワークの忠平守代表へ目録が手渡されました。お米は県内4カ所に引取拠点が設けられ、同ネットワークの会員に手渡されます。寄贈式後には、拠点の一つとして同所でも、お米300キロとパックご飯84個がネットワーク会員へ手渡されました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から子ども食堂が運営を自粛しており、現在は食材や弁当を子ども食堂に取りに来てもらう「フードパントリー活動」が主となっています。しっかりとご飯が食べられていない家庭があることを知った同部会の部会員から声が上がり、今回の寄贈に繋がりました。

大嶋部会長は「想像以上に食材が必要とされていることを知り、驚いた。私たちが丹精込めて作ったお米が、必要としている人たちの手に届けば嬉しい。子どもたちの笑顔のため、最後の一粒まで有効に活用してほしい」と話しました。

忠平代表は「新型コロナウイルス感染症の拡大で、県内でも9割の子ども食堂が活動を自粛する事態となった。そんな中でも支援を必要とする家庭にとって、お米という支援は本当にありがたい」と話しました。

  • 写真忠平代表(写真中央)に目録を手渡す
    大嶋部会長(左から2人目)

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト