JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

露地カブ出荷仕上がり良好

2021/11/4

かぶ・カリモリ部会

JAあいち中央管内の碧南市で11月4日から露地カブの出荷が始まりました。2021年産は、播種作業を行った9月中旬から天候に恵まれ、例年、懸念される台風の上陸も無かったことから、概ね順調に生育。病害虫の被害もみられず品質も良好です。

JAカブ・かりもり部会は約28アールで露地カブを栽培。出荷は11月下旬まで続き、中京市場に約1600ケース(1ケース10キロ)の出荷を目指します。

部会は10月28日、出荷を前に碧南市港本町のJA碧南営農センター内集出荷場で目ぞろえ会を開きました。部会員や経済連、市場担当者ら7人が参加。サンプルを手に取り、カブの玉や葉の大きさ、形などの出荷規格を入念に確認しました。

部会の山中重信さんは「しっかり目をそろえ、計画出荷に努めていきたい」と話しました。名古屋青果株式会社の水野寛之さんは「気温が下がってくるとカブも売れてくる。有利販売につなげていきたい」と話しました。JAあいち経済連園芸部西部販売課の滝本哲也さんは「夏秋産地から冬の産地に切り替わりつつある。気温の方も冷え込みが始まり、緊急事態宣言も解除されたので期待したい」と話しました。

  • 写真出荷規格を確認する生産者ら

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト