JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

収穫前に確認 大豆圃場を視察

2021/11/4

豆腐や油揚げなどの製造を行う有限会社須黒食品と販売を行う東都生活協同組合は11月4日、安城市赤松町のJAあいち中央総合センターを訪れ、生産者やJA担当者らと意見交換会を開きました。会には14人が参加し、各担当者から大豆の販売情勢について報告が行われました。会後は、同市内の大豆圃場を視察し生育状況を確認しました。

同社はJAと契約栽培をしており、意見交換会は実需者との情報共有の場として10年以上前から設けられています。十分な予防措置を講じた中で開かれました。

今年の大豆は播種後の天候に恵まれ、生育は順調で良好な品質が見込まれる。出荷はじめは11月中旬の予定です。

同社の須黒亮吉代表取締役は「生産者に適期作業を行ってもらえたので、近年の中でも収量・品質に期待が持てる。供給いただく原料を基に、技術を尽くして、消費者に喜んでもらえるような豆腐を作っていく」と意気込みを語りました。

JAあいち中央営農部会の大嶋和則部会長は「実需者の方に良い大豆を使ってもらいたい。喜んでもらえるように、これからも手間を惜しまず、精いっぱい作っていきたい」と話しました。

JAあいち経済連米穀部農産販売課の蟹江健太さんは「圃場で直接、収穫直前の状況を確認することができ、安心した。報告や視察を交えて、実需者らと意見を交わすことができて良かった」と話しました。

  • 写真大豆の生育状況を確認する
    須黒代表取締役(左)ら

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト