JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

サトイモ共進会を開く

2021/11/10

刈谷市は11月10日、刈谷市東境町のJAあいち中央産直センター刈谷北部で、「第16回刈谷市さといも産地形成共進会」を開きました。JAさといも部会の部会員が6点を出品。最高位の刈谷市長賞には、刈谷市西境町の近藤庄次さんが選ばれました。

共進会では、愛知県西三河農林水産事務所農業改良普及課、JAあいち経済連、JAあいち中央、刈谷市の職員4人が審査。病虫害の有無、土の紛れ込みや規格等といった出荷管理方法、株の形状・色を採点しました。

同課の丹羽弘光技師は「今年は8月中下旬の多雨や、その後の少雨の影響が心配されたが、出品されたサトイモはどれも秀逸で甲乙つけがたいものばかりであった」と審査講評しました。

部会は他産地と差別化するため、子芋と孫芋をつけたまま紙袋に入れ、袋の口を開けたまま段ボールに詰める独自の出荷形態をとっている。芋と芋の接着部分の土を手作業で落さなければならないため手間はかかるが、新鮮さが保てると品質の高さが評価されています。

共進会は、サトイモを地域の特産物として定着させ、消費者のニーズに対応した高品質で安全・安心な生産物の出荷を目指して毎年この時期に開いています。

  • 写真サトイモの審査にあたる審査員

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト