JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

碧南玉葱部会新役員が抱負

2021/11/18

碧南玉葱部会

JAあいち中央碧南玉葱部会は11月18日、碧南市港本町のJA碧南営農センターで2020年度通常総会を開きました。部会員や県、市、連合会、関係者ら75人が出席。2021年度の事業計画や収支予算、役員の選出など5議案を承認しました。

新役員を代表して杉浦満男部会長は「新型コロナウイルス感染症による活動自粛は、部会活動の見直しを図るきっかけとなった。廃止する活動、新規で行う活動を精査して、部会員がより部会活動に参加していける組織を作っていきたい」とあいさつしました。

JAの石川克則組合長は「20年度は天候も含め異常なことが多い年だったが、負けずに生産された部会員の方々には敬意を表する。新年度から組織の見直しが図られ、より一層のブランド化が図られることに期待が高まる。JAとして部会員と共に頑張っていきたい」と話しました。

碧南市の禰冝田政信市長は「市としては地域振興券の発券などで、農産物の販売拡大を支援してきた。これからも品質の高いタマネギを作ってもらい、PRしていきたい」と話しました。

部会は、同市南部地区を中心に156人の部会員が約100ヘクタールで栽培。同市は県内有数のタマネギ産地。極早生のタマネギで辛味が少ない品種を限定した「サラダたまねぎ」など、20年度作は3月中旬から6月下旬まで、中京市場を中心に約8300トン出荷しました。

  • 写真21年度の新役員を代表してあいさつする杉浦部会長(前列右から2人目)

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト