JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

大豆の収穫本番 さや付き良く仕上がり良好

2021/11/25

営農部会

JAあいち中央管内で11月20日から、大豆の収穫が本格的にスタートしました。JA管内は県内有数の大豆産地。品種は「フクユタカA1号」。タンパク質含量が多く、豆腐へ加工するのに適した品種で、甘みのある美味しい豆腐が作れます。特性として莢が弾けにくくなる性質を備えており、反収増が見込める品種として、農業者所得の向上が期待されています。JAでは、2020年産から「フクユタカA1号」に全面切り替えました。

21年産は、例年、懸念される台風の上陸は無かったが、生育中の天候不良の影響で昨年に比べやや小粒傾向であるが、莢付きも良く、品質も良好です。

JAあいち中央営農部会では、部会員140人のうち、63人が1245.5ヘクタールで大豆を栽培。1500トンの収穫量を見込んでいます。収穫された大豆はJAあいち経済連を通じて、東海地方の大豆加工業者を中心に関東地方へも流通しています。

25日には、同部会の神谷知則さんが管理する安城市二本木町の圃場で、大型コンバインによる収穫作業が行われました。神谷さんは「近年の中でも品質の良い大豆が収穫できている。収穫した大豆は、豆腐や納豆になって消費者の食卓に届くので、おいしく食べて欲しい」と話しました。収穫作業は1月中旬まで続く予定です。

  • 写真大型コンバインで大豆を収穫する
    神谷さん

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト