JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

「母の日」照準 カーネ出番 高品質に太鼓判

2022/4/20

カーネーション部会

JAあいち中央管内の碧南市で、5月8日の「母の日」の需要に向けたカーネーションの収穫が本格化しています。JA碧南カーネーション部会では8人が約2ヘクタールのハウスで、スタンダードと呼ばれる一輪咲きと、複数の花を付けるスプレイ咲きを合わせ49品種栽培します。主に業務用としてピンク・赤・白の3色で約6割を占めます。9月上旬~6月上旬に、中京市場を中心に関東、関西地区に約200万本を出荷します。

定植時期に雨が少なく高温が続き、定植後の長雨で生育が少し遅れたが、秋以降は気温の高い日が続きかなり前進。年末から冷え込みが続いたが、3月に入り暖かくなり概ね順調に生育。病気の発生も少なく品質も良好。現在は日量約4万本を出荷します。最盛期となる「母の日」前には日量約5万本~6万本に達します。

部会の杉浦信弘部会長は、ハウス約26アールで赤色の「フォルテ」やローズ系の「タイソン」、ピンク色の「マレア」など10品種を栽培しています。

暖かくなったこの時期は、4輪以上のつぼみが付き、1輪が半咲きほど緩み始めたことなど、一本一本生育を確認しながら、出荷サイズに合わせて根元からはさみで収穫します。枝の曲がりや太さ、花のボリュームなどを見ながら選別し、セロハンを掛けて箱詰めします。杉浦さんは「暖かくなり虫の動きも活発になるのでしっかり防除していきたい。花は贈るのも贈られるのも嬉しいと思う。感謝の気持ちを込めて贈ってほしい」と話しました。

  • 写真カーネーションの収穫作業に追われる杉浦さん

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト