JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

地元産の良さ知って パンやデザート 小麦粉や米使い講習会

2022/8/23

安城南部ブロック

JAあいち中央安城南部ブロックでは、地元農産物の良さを知ってもらう機会にしてほしいと、パンやスイーツの講習会に力を入れています。これまで、地元産の小麦粉や米を使い、総菜パンやあんパン、メロンパンなどのパン作りを行いました。参加者は、30代から70代までと幅広く、「地元の小麦でパンが作れるなんて思わなかった」「米のパンはもちもちとした食感がいい」など好評です。

世界情勢を受け、日本の農産物が注目される中、管内の組合員から「今こそ国産の食材を見直すべき。米を使ってパンが作れると聞いたので作ってみたい」と相談されたのがきっかけです。

講習会で使う材料は、可能な限り、地元産や国産のものをそろえるだけでなく、小麦や米などは、講習会で使用するもの以外にも、管内でとれる品種や特徴なども紹介します。ときには、営農部門の担当者が駆けつけ、地元農産物PRに一役買うこともあります。小麦粉の紹介では、管内でとれる小麦粉「ゆめあかり」と「きぬあかり」の使い分けや、購入できる場所など、質問が相次ぎ、参加者の関心の高さがうかがえました。

8月23日は、安城市福釜町のJAファーマーズマーケットでんまぁと安城西部内料理教室で家庭雑誌「家の光」の記事活用企画「生米パン作り教室」を開きました。同ブロック管内の組合員7人が参加し、総菜系とスイーツ系の生米パンを1人1本ずつ焼き上げました。講師はJAのくらしの相談員が務めました。

「家の光」で紹介されていたレシピを参考にアレンジ。事前に試作を行い、レシピに手を加えるとともに、管内でとれる数種類の米の中から「あいちのかおり」を選定しました。

参加者は、水に浸した米を油や砂糖などとミキサーにかけ、ドライイーストを加え、材料を型に流し込んで、オーブンで焼きました。出来上がった生米パンを見て「とてもおいしそうな焼き上がり」「生米を利用したパン作りは初めて。ふっくら焼けて、食べるのが楽しみ」と歓声を上げました。

安城南部ブロックくらしの相談員の平岩早苗さんは「地元産、国産の良さを伝えていくことはJAの使命。講習会を通じ、作る楽しみだけでなく、地元農産物の魅力も伝えていきたい」と話しました。

同ブロックでは、9月に特産のイチジクを使ったパンとデザート作りの講習会を予定しています。

  • 写真焼きあがった生米パンに
    顔を綻ばせる参加者

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト