JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

秋の実り出番 大粒ラッカセイ食べ応え十分

2022/9/15

JAあいち中央管内の高浜市で、ジャンボラッカセイの収穫が始まりました。同市ではジャンボラッカセイを特産化しようと、2014年、栽培に関心のある生産者に種を配布するなど、支援したことがきっかけで本格的に作付けが始まりました。当初は発芽率がかなり低く、産地としては不十分な結果となっていたが、JA産直部会員を中心とした研究会を結成し、発芽率の改善や品質向上に向けた栽培講習会を開いた成果もあり、発芽率は大幅に改善されました。品評会も開かれており、品質の向上も図られてきました。

収穫作業では、備中で土を掘り起こし、手で株を引き上げて収穫します。抜き取った株は土を落とし、さやを外します。選別後に水洗いし、袋に詰めていきます。22年作は5月上中旬の定植から天候に恵まれ、順調に生育してきました。9月上旬から天候不順で病害虫の発生が懸念されたが、生産者の適切な防除により品質は良好。収量も例年並みが見込まれます。

ジャンボラッカセイを栽培する川角紀美さんは「西三河では昔から塩茹でしたラッカセイを食べる文化がある。ジャンボラッカセイは食べ応えたっぷりで、上品で飽きの来ない甘さが特徴。残暑厳しい中でおつまみに最適。ぜひたくさんの人に食べてもらいたい」と笑顔で話しました。

同市では、34人の農家が約1.3ヘクタールでジャンボラッカセイを栽培。普通サイズの1.5倍ほどの大きさで、甘みがあり、実が柔らかいのが特徴。主に取れたてを塩茹でにして食べます。11月中旬まで、JAの産直センター高浜やでんまぁと安城西部を中心に1袋(300g)400円~450円で販売。「食べ応えがある」と消費者からも好評。

  • 写真ジャンボラッカセイを選別する
    川角さん

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト