JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

食農教育

当JAは、生命産業である農業の振興により地域に根ざす組合として、地域の皆さんに安全・安心な食を提供するとともに、農業体験を通して生産者の苦労や喜びにふれ、地域農業と食の大切さを知っていただき健全な食生活と健康づくりを目指すことを目的として、食農教育を推進していきます。

食農教育とは?

JAでは、「食育」の中でも特に農業と食につながる部分の教育を「農と食の教育」ということから「食農教育」と位置づけ、農のあり方、食のあり方を変革していくことを目指します。

食農教育活動の推進方法

  • 食農教育を実施する基となる「食農教育プラン」第4期(平成30年度~令和2年度)を策定しました。
  • この「食農教育プラン」を基に平成31年度版の「JAあいち中央食農教育実施要領」により、JA全体で取り組んでいます

平成31年度の食農教育活動

1.統一取り組み

● こども農業体験スクール"あおみっ子"の開催

管内の小学生(3~6年生)60名を募集し、通年で農業体験を通して「農業と食」と自然の大切さを学びます。

< 開催期間 平成31年5月~12月(5回開催)>

☆主なカリキュラム

5/25(土)
開校式、田植え体験
6/22(土)
サツマイモつるさし体験/大豆(枝豆)の播種体験/田んぼの生き物調査
8/23(金)
夏休み山の学習(長野県下伊那郡平谷村)
10/5(土)
稲刈り体験(すがい縄作り、稲刈り、コンバイン収穫見学)/サツマイモの収穫体験/枝豆の収穫体験
12/7(土)
焼きいも作り体験/もちつき体験/閉校式

2.支店・部署の取り組み(主な取り組み)

(1)支店の取り組み

支店まつりや農業体験など支店独自の取り組みにより地域密着型の食農教育活動の推進を行っています。(29支店)

(2)部署の取り組み

● 地産地消

JA産直市の12店舗(ファーマーズマーケット・産直センター・グリーンセンター)や地元量販店において、安全・安心で新鮮な農産物を地元に提供しています。

● 学校給食

子どもたちに、安全・安心で新鮮な地元産の農畜産物を食べてもらうために、年間を通して旬の農産物や特産加工品を学校給食に供給しています。

● バケツ稲つくり体験

子どもたちに、手軽に農業を体験し理解してもらうために、管内の小学校・幼稚園・保育園を対象にバケツ稲つくり体験に取り組んでいます。

● 学校教育支援

子どもたちに、地元特産物を理解してもらうために、管内の小学校を対象に出前講座に取り組んでいます。

● 地元生協との交流会

地元の人に地元の農業と農産物を知ってもらうために、地元生協と提携し農業体験交流会を受け入れています。

● 料理教室

組織生活課の女性部活動を中心に、地元食材にこだわった料理教室を開催しています。

● その他

安城七夕まつりやJA・農業まつりなど、地元で開催されるイベントに参加して、地元農業・農産物のPR活動を実施しています。

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 確定申告特集