JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

生産部会の紹介

胡瓜生産部会(これまでの歩み)

昭和50年に広域共販体制の確立や品種の統一、栽培技術の向上を目的に、広域生産出荷組織「西三河冬春きゅうり部会」として設立。JA西三河とともにそれぞれ選果機を整備し、共計共販体制のもと「三河みどり」の名称でブランド化を確立しています。

部会では、産地化への取り組みとして、平成8年に大型選果機を導入。生産と選別・箱詰めを分業化し、生産者は栽培に専念できる体制となり、規模拡大を図ってきました。また、生産者の収量格差縮小、時期的な収量変動是正、収穫・整枝作業の単純化を図るため、栽培体系を「摘芯栽培」から長期一作の「つるおろし栽培」へ移行しました。

平成13年には、生産組織の再編による部会活動の活性化を図るため「目的別委員会」を設立。有望品種の試作・評価を担う「技術検討委員会」、各種資材の展示・評価、共同購入資材の選定などを担う「資材検討委員会」、付加価値に結びつく出荷形態の調査・商品開発、消費宣伝会を担う「販売促進委員会」、青年部による「病害虫予察委員会」の4つの委員会が下部組織として活動。また、平成22年からは支部活動を強化。支部単位でのほ場巡回や種苗会社などから講師を招いての夜間勉強会を開き、生産者の交流も図られています。

  • ハウスの中のキュウリハウスの中のキュウリ
  • 夜間勉強会の様子夜間勉強会の様子

カッパドーム

平成8年に新しく導入されたきゅうり選果場の愛称です。
きゅうりが好物な河童が命名の由来です。
各農家で収穫された"三河みどり"が選果機によって規格(8等級階級)どおり分けられ、箱詰めされます

  • カッパドームカッパドーム

カッパドームに運び込まれたキュウリが、どのように出荷されるか
のぞいてみよう!!

STEP.01

集荷されたキュウリは、建物の二階にあるコンベアに並べられます。

STEP.02

パートさんが一本一本丁寧にキュウリをならします。

STEP.03

ならされたキュウリはこの後、選果・選別されます。

STEP.04

選果・選別されたキュウリは、一箱あたり5kgになるように箱詰めします。

STEP.05

箱詰めされたキュウリはコンベアを通り、梱包機に向かいます。

STEP.06

梱包されたキュウリは建物の一階へ移動し、荷造りされます。
荷造りされた箱をパートさんが手降ろしでパレットに積み込み、出荷されます。

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト